ホーム > 葬儀の流れ・風習 > 山形の風習・マナー

葬儀の流れ・風習

山形の風習・マナー

訃報を知らせる「告げ人」

電話が普及する以前には、亡くなったことを菩提寺や地域住民に知らせに行く役割の「告げ人(つげにん)」がいました。告げ人は、忌を避けるという理由で、男性2人一組となって動くのが基本となっていました。電話が普及した現在ではみられなくなった風習ですが、一部の地域ではまだこのならわしが残っており、菩提寺への連絡の際などに男性2人で行くことがあります。

念仏講が詠う「御詠歌」

お葬式の後、「念仏講」「観音講」といった地域組織に所属する年配の女性たちが集まり「御詠歌(ごえいか)」と呼ばれる仏の教えを説いた歌が詠われます。流派によって、仏具の鈴や、雅楽で使う金属の打楽器・鉦鼓を用いて御詠歌を唱和します。都市部以外の地域や寺院で行うお葬式などでは、今でもよく見られる風習です。

「前火葬」と「出棺」

山形のお葬式では、ほかの東北地方と同じく通夜の翌朝、葬儀の前に火葬を行う「前火葬」が一般的です。故人のお顔を見てお別れをしたい場合は、事前に確認しましょう。出棺は棺も遺族も玄関以外の場所から行われ、火葬場から帰って塩と水で清め、遺骨を祭壇に安置して葬儀を行います。

葬儀当日に三十五日法要

現代では葬儀当日に初七日法要まで行う地域は多いですが、山形県では初七日だけでなく三十五日(五七日)法要まで行う場合があります。本来、四十九日法要に次いで重要とされている三十五日法要は、他の地域では省かれる場合が多いですが、山形県はこれを省略せずに葬儀当日に行う場合が多いようです。後日、四十九日忌法要、百ケ日忌法要、納骨式を一緒に行うことがほとんどです。

ご葬儀の「事前相談」を無料で承ります

ご葬儀について不安なこと、
分からない事、何でもご相談ください。
心を込めて
お手伝いさせていただきます。

無料事前相談

お急ぎの方はお電話にてご相談ください

山辺店:0120-34-1059 朝日店:0800-800-9833

ページトップ